■プロフィール

まむやん

  • Author:まむやん
  • 【管理人自己紹介♪】
    まむやん;北海道出身。スキーと北海道の真冬とお酒をこよなく愛す、三十路(+α)の三児の母。ちびっ子たちに囲まれながら、日々、わいわい楽しく過ごしていま~す(*^ー^*)v♪

    【登場人物の紹介♪】

    ぱぱん;
    まむやんの旦那様。プロレスとサッカー&プロ野球(特に広島)をこよなく愛す。無類の我が子好き(笑)。

    こっこ;
    ポケモンにめっちゃはまっている我が家の長女(6歳)。幼少期のまむやんにそっくりで、わんぱく大好き☆ 唐突に面白いことを連発してくれるコメディアン的な素質を兼ね備えている(笑)。

    hana;
    我が家の次女(3歳)。白米大スキ!遅生まれなのに、バリバリ先頭きって大きくなってくれています(^▽^)v。二番目ちゃん特有の自由人ッぷりを大いに発揮!。・゚・(ノД`)・゚・。こっこよりも強いです(笑;)。

    ケン坊;
    最近無事1歳になりました♪ご飯をよく食べ、よく寝て、よく遊んでくれる、我が家の末っ子長男です(*´▽`*)v。元気すぎて、よく雄たけびを発してくれています(汗)。

■最近のコメント
■最近の記事
■お気に入り♪


自然食品&フェアトレード、
エコロジー雑貨のお店♪
【earthcover】
banner.gif

音楽大好き人間必見☆
【タワーレコード】♪


おうちでパンやお菓子を手作りしませんか!パンの作り方レシピも満載!
【ママの手作りパン屋さん】

各種穀粉製造、
和・洋菓子原材料と
器具の専門店
【半鐘屋】

人気キャラクター物をまとめ買い!
【Fasionねごろ館】

可愛い雑貨がい~ろいろ♪
【Pretzel】


うちの近くにあったらいいのになぁ。・゚・(ノД`)・゚・。☆
【ホームファッション ニトリ】


これは近くにあったら危険です(笑)
【トイザラス・ベビーザらス】

前よりもっと遠くなりました(T▽T)
【アカチャンホンポ】

近くにあるけど、急いでいる時に
便利♪
【西松屋】

このサイト経由でネットショッピン
グすると、かなりお得!!(≧▽≦)
(例;ベルメとポイントタウンでそれ
ぞれポイントget!)

■月別アーカイブ☆
■カテゴリー
■アクセスランキング♪

[ジャンルランキング]
育児
8437位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
成長記録
3304位
アクセスランキングを見る>>

■ブログ内検索

■リンク
■最近のトラックバック
■RSSフィールド
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
赤ちゃんポスト
昨日はこの話題で持ちきりでしたな(-_-;。

この赤ちゃんポスト運用が開始された初日に、
想定外の3歳児が預けられた、という話。




私はこの制度自体、どうなのかと思います。
そりゃさ~、ある一面から見れば
いい事なのかもしれない。

「捨てられて命を落とす赤ちゃんを救う」
「小さな命を救う緊急避難的な措置」

命は大切です。

でも、でもだ。
それはあくまで
「ある結果に対する
   対処方法のひとつ」

であって、
問題解決には決してなっていない。
・・そう思いません?

と同時に、その施設を作る事で、
「子が要らなくなれば、
あそこに
子を捨てに行けばいい」

と安易に考える親が出てこないとも限らない。
現に、そんな事が起こってしまった。

問題は、
“どうして
子を捨ててしまう親が
出て来始めてしまったのか。”

これを解決する様にしていかなければ、
これから先も、きっと
捨てられる赤ちゃんはいなくならないと思う。

私も二児の母。
育児に困難を感じた事は沢山あります。

でも、でもね、
そういう時に、

「あぁ、もしかしたら、
私のお母さんも、こうやって
大変な思いしながら
私を育ててくれたのかな・・」

と考えると、不思議と頑張れた。

大変なのは自分だけじゃない。
先代の、その先々代の親たちだって、
こうやって、四苦八苦しながら
我が子を育ててきたに違いない。

それを考えると、
なんだか今までのしかかってた肩の荷が、
少し降りたような気がした。

色んな事情があるでしょう。
でも、でもね、
その子を産むと決めた以上、
その子の親になると決めた自分達が、
きちんと責任を持って、
その子を育てていかなければならない。
それが“親として当たり前の事だ”と、
私は思う。

それができないのなら、生むべきではない。

完全な親などいない。
子が生まれ、成長するのと同じ様に
自分達も親として育っていく。
多少失敗したっていいと思う。
やり直しできるチャンスは
これからの育児の中で
いくらでもある。
それが親としての
成長の仕方でもあるはず。。
かといって、
「いい加減な育児をしてもいい」
といいたい訳では、決してないけど。

「命の有難み」
それが欠如してしまっているから、
昨今のような残忍極まりない事件や
子供が捨てられる、
そんな事が絶えないのかなぁ・・?(;_;)≡3

世の中、なんかおかしな方向に
傾き始めてないか~?(-_-;
スポンサーサイト

テーマ:ママのひとりごと。 - ジャンル:育児

つぶやきまむやん | 15:56:02 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。